家の屋根塗装をしようと思った時に一番気になるのがそのコストです。
ですから、家の屋根塗装をしようと思った時は結構安易に安い塗料を選びがちですが、耐用年数を考えるともっと真剣に屋根塗装の塗料を考える必要があります。
では、実際に屋根塗装の塗料の種類はどういうのがあるのかというと、アクリルやウレタンやシリコンといった具合に塗料によってそのコストも耐用年数も全然違ってきます。
当然安い塗料を使えば耐用年数も少なくなります。
なので、安易にコストが安いというだけで屋根塗装は安い塗料を使うのは間違っています。
では、実際に屋根塗装をする時はコストよりも耐用年数を優先してどの種類にすべきか決めるべきかというとそうとは限らないです。
なぜなら、ある程度の塗料になると耐用年数に大きな差が出てこないからです。
ですから、屋根塗装をしようと思った時はなるべく高い塗料を選んだ方が良いですが、別に一番高い塗料を選ぶ必要はないです。
大体屋根塗装の塗料の種類は6種類くらいあるのですが、その6種類の中で一番高い物を選ぶ必要はないです。
では、実際にどれくらいの物を選べば良いのかというと、耐用年数を考えればシリコンのひとつ上のフッ素樹脂系の物を選ぶのが良いです。
屋根塗装の種類について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒屋根塗装 種類

関連記事