太陽光発電があるというのはみなさんもご存知の通りだと思います。
ですが、実際に太陽光発電がどういうしくみになっているかというのは意外と分かっていないと思います。
それはどうしてかというと、多くの方は太陽光発電によって電気代が今よりも安くなる事に関心はあっても太陽光発電のしくみはどうなっているのかという事は関心がないからです。
ただ、なんとなく太陽光発電にすれば電気代が安くなるという程度の事しか知りません。
なので、具体的にどういう風にして今よりも電気代が安くなるのかという事も分かっていないという事になります。

では、実際に太陽光発電にした時にどういうしくみで電気代が安くなるのかというと、それは昔からある太陽光発電によって発電した電力で家の電気を賄うというしくみに加えて今の時代は太陽光発電によって発電された電力で余った電気を電力会社に買い取ってもらうというのがあります。
この余った電気を電力会社に買い取ってもらうというのが大きくて昔はなかったしくみです。
これがあるので今は一般家庭でもかなり太陽光発電を導入するところが多くなりました。

つまり、今の太陽光発電というのは単に電気代を安くするだけでなくそれで売電収入を得る事ができるという素晴らしいしくみになっています。

太陽光発電について、私が参考にしたのはこちら⇒太陽光発電 しくみ

関連記事