年齢による、シミやシワが増えても逆らえないと、そんな風に思っていませんか?
もちろん、年齢によってシミやシワが目立つ様になるというのは、事実です。
しかし、加齢の原因以上に肌に悪い影響を及ぼしているのが、紫外線なのです。
この紫外線、なぜ肌に悪いのかと言えば、光老化という現象が関係しているからなのです。

光老化とは?

この言葉の通り、日光つまり紫外線を浴びる事によって皮膚が老化する事を言います。
なぜ紫外線を浴びる事によって老化が進むかというと、紫外線を浴びると皮膚が赤くなり、その後、皮膚が黒くなります。
人間は、肌を紫外線から守ろうとすると活性酸素が発生し、これらがシミやシワの原因になっているという事です。

光老化の対策?

光老化の対策として、内的なケアと外的なケアがあります。
特に、外的なケアとしては、とにかく紫外線を浴びない様にする事なのです。
そうは言っても、一日中、部屋の中にいるわけでもありません。
ですので日焼け止めを使って紫外線のダメージを最小限に留める事が必要なのです。
この紫外線のダメージを最低限にする為に、SPFやPAを含む日焼け止めを使用する事が必要となるのです。

効果的医薬品

シミやそばかすだけではなく、小じわへの効果が認められている唯一の医薬品、それが、ロスミンローヤルという商品です。
ロスミンローヤルは、シワへの効果が認められている唯一の医薬品ですから、紫外線のダメージによる光老化で出来てしまったシワに対しても、効果を発揮する期待が非常に高いです。
ロスミンローヤルについて詳しく知りたい方はこちら⇒日焼け止め SPF

関連記事