太陽光発電は日光を取り込むことが重要です。
そのため、天候に左右されやすいというリスクがあります。
天気が悪くても発電はしますが、その量は大幅に下がります。
晴天のときを100%とするなら、曇りは10%~30%、雨のときは5%~20%までがっくりと下がります。
天候が悪くても比較的発電量を多くできる製品もあるので、自分の地域の天候をチェックして検討するとよいでしょう。
それ以外にも、日照時間、日射角度、気温といったものが重要になります。
日照時間が長ければ、それだけ安定した発電が可能ですが、例えば日本海側や豪雪地帯などは、どうしても影響があるでしょう。
しかし、北海道であっても地域によっては日照時間が長かったりするので、一概に不向きとも言えません。
日射角度も、高ければ発電量は上がります。
沖縄などは日照時間が短いですが、日射角度は非常に高いので発電効率はよくなります。
パネルの角度でも違ってきますが、すべてがベストな角度になるとは限らない以上、地域ごとの日射角度は重要となります。
また、気温が高すぎると発電効率は下がります。
日照時間や日射角度がそれほどでなくとも、涼しい地域ならば高い発電量も期待できます。
気候は、その地域によってさまざまです。
条件が整っていれば発電効率は上がりますが、全国どこでも同じようにはいきません。
天候に関するリスクを把握し、自分が住む土地の特徴も考慮して計画を立てましょう。
詳しくはこちら⇒太陽光発電 リスク

関連記事


    太陽光発電は暑ければ暑いほどたくさんの電気を発電できそうと思っている方もいるのではないでしょうか。 太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気に変えるものですので、日差しが強い方が発電できるのは事実です。 …


    今多くの人が太陽光発電について強い関心を持っているのはどういう点かというとそれは太陽光発電によって余った電力の買取制度がある点です。 もし、この太陽光発電の買取制度がなければ思ったよりも今太陽光発電に…


    太陽光発電は、最近普及が進んできている再生可能エネルギーです。 企業だけではなく、最近では家庭用の太陽光発電を、一般家庭でも設置する方が増えてきています。 太陽光発電について、価格やメリットなど様々分…


    太陽光発電を家に導入しようと思った時に一番気になるのが太陽光パネルの設置に掛かる金額です。 多くの方はきっと太陽光発電に関心があっても太陽光パネルの金額が高くて未だに自宅を太陽光発電にしていないと思い…


    太陽光発電があるというのはみなさんもご存知の通りだと思います。 ですが、実際に太陽光発電がどういうしくみになっているかというのは意外と分かっていないと思います。 それはどうしてかというと、多くの方は太…